interview

佐々木むつき(ささきむつき)

佐々木むつき(ささきむつき):Coto Japanese Academyオペレーションチーム所属

1. Cotoに入った経緯を教えてください。

前職は伝統的な日系企業だったため、良くも悪くも細やかにルールが決められているという風土でした。ですがもっと自由な社風の会社で働いてみたいと思い、転職活動を始めました。そんな時に、自分と性格が似ている親友が語学学校でとても楽しそうに働いているのを見て日本語学校に興味を持ち、Cotoに応募しました。そしてCotoが、個々を尊重しながら同じ方向に向かって働ける環境であることを知り、ここだ!と思い入社を決めました。

2. Cotoではどんなお仕事をしていますか?

オペレーションチームのコーディネーターとして、入会を検討している方のインタビュー(=学習の目的やニーズのヒアリングと受講プランの提案)を行ったり、受講生のレッスンに関する相談をお受けしたりしています。日々、世界中からやってきた様々な背景を持った方々と話をしていると、こんなに多くの方が日本語を学びたいと思ってくれていることを改めて知り、その手助けができることに誇りを感じます。

特別タスクとしては、オペレーションシステムの見直しや効率化を推進する業務改善プロジェクトを担当しています。これは「この業務はもっとこうした方がいいと思う」と感じたことを上司に伝えたところ、では実際に改善してみよう、となったことから始まっています。新人の言うことでもきちんと受け止めていただき、未完成のアイディアでもトライ&エラーで進められて、途中で困難があっても後押ししてくださいました。Cotoがフラットで風通しの良い組織だからこそ実現できたのだと思います。

また、新規イベントの企画運営も担当し、“Bento Chat”というイベントをゼロから立ち上げました。レッスンで習った日本語を使って普通の日本人と話してみよう!というコンセプトで、学生ボランティアさんと一緒にランチを食べながら日本語でのおしゃべりを楽しむというものです。リピーターが多くて30回以上来てくれている学生もおり、日本語力向上や学習のモチベーション維持に役立っているのだと思うととても嬉しいです。

3. 今後の目標は何ですか?

個人的なスキルとしては、インタビューとプランニングの腕を磨いて、日本語を通じて学生さんの夢や目標を叶えるための提案力を上げていきたいです。この業務がコーディネーターの醍醐味だと思います。

チームの一員としては、メンバーの潤滑油になりたいです。リーダー気質のように思われるのですが、実はサポート役が好きで、皆の仕事がうまく回るよう、ベテランと新人を繋ぐ役目になりたいと思っています。これからも、色々な立場の人の話を聞きながら業務改善を進め、先頭に立って引っ張るというより、みんなの背中を押しながら走っていきたいです!

 

関連する募集職種

インターン(コミュニケーションサポート)

日本語学校運営チームの一員として、学習者と学校のコミュニケ―ションを円滑にするためのサポート業務にあたっていただきます。学習者からの相談対応、入会をご検討中の方へのメール対応など、実務経験を積みながらご活躍いただけます。
詳細を見る

インターン(マーケティングスタッフ)

マーケティングチームの一員として、日本語学校のプロモーション業務にあたっていただきます。SNSでの情報発信、グラフィックデザイン、イベントのプロモーションなど、実務経験を積みながらご活躍いただけます。
詳細を見る
to top